読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルガリア留学記

2016〜2017年のブルガリア留学体験記

ギリシャ2日目(ギリシャよりグルメレポート)

今朝、というよりもお昼頃に起きてから、友達と友達のお父さんが、親戚の集まりに連れていってくれました。

ここでも赤く塗った卵をぶつけ合いました。卵をぶつけて最後まで割れなかった人に幸運が来るそうですが、色々な人とやって勝ったり負けたりしているので、結局どんな運勢になるのか分かりません…。

そのあとコーヒーフラッペを頂きました。フラッペというと冷たくてザクザクと氷の食感を楽しむ物というイメージがありましたが、ギリシャのコーヒーフラッペは、インスタントコーヒーを泡立てた飲み物で、泡の層と液体の層があります。昨日の泡は酸味と苦みが凄まじく飲めませんでしたが、今日のフラッペは泡まで美味しかったです!ギリシャ以外ではなかなか見かけないのが残念です。喉が渇いていたのと美味しいのとであっという間に飲み干してしまいましたが、ギリシャの人はカフェでコーヒーを頼んだら、その一杯で3〜4時間くらい話していることも多いそうで、あっという間に飲み干したことに驚かれました。私もそれを聞いて驚きました!日本でやったらカフェの店員さんに睨まれそうですが、ギリシャではカフェで長時間過ごすのはよくあることだそうです。確かに、昨日バスの中から眺めていただけでも、確かにカフェのテラスに座り、コーヒーを飲みながら談笑している人達をたくさん見かけました。休暇中というのもあるようですが、のんびりしていて素敵な風景でした😊

 

昨日は肉や乳製品を食べなかった分(友達も私も普通に食べましたが、正教の場合はイースター前の数日間、動物性食品は食べないそうです)、今日はラム肉を始め、スフラーキ(焼き鳥)や割った後のゆで卵を始め、とにかく食べます。とにかく机いっぱいで、すごい量でした。そして次々と食べ物や飲み物を勧めてくれました。胃が破裂しそう!

ここでもチュレキを頂きましたが、しっとりしていて美味しかったです。ヌテラ(チョコレートスプレッド)を塗って食べるという画期的な食べ方を習いました。既に満腹でふた口程しか食べられませんでしたが、食後でなければパンを丸ごと食べられそうです。

f:id:octopus99:20170418204050j:image

 

3時間くらいかけてゆっくり食べた後、今度はまくすま君とお父さんの3人で、彼らの別荘の様な場所へ連れて行ってもらいました。

木にぶら下がったブランコや、小さなお家、色々な種類の植物(オリーブ、ヘーゼルナッツ、杏、桜、無花果、ディル、オレガノローズマリー…)が生えていて、小説や映画の中に出て来そうな、素敵な場所でした。こんな所で夏を過ごせたらとても良い気分転換になりそうです。

木のラケットでテニスやバドミントンをしたり、木に登ったり、木に生えた蔦を取り除いたり…と、どれも楽しかったです。蔦は木の栄養を奪ってしまうので取り除かなければならないのですが、一旦始めると、木から蔦が剥がれる瞬間が気持ちよくて、Oh…it's addicting!! yabaii~~と言いながらずっと取っていました。

それから、隣に住む人にも呼んでもらい、そこでもコーヒーフラッペと、チュレキを頂き、また赤い卵を割りました。こちらのチュレキはチョコレートを少し混ぜてあり、それも美味しかったです。

チョコレートを入れたりあとからかけたり、アーモンドやゴマを乗せたりと、家によって色々あるそうです。どれも美味しい!

 

家に帰る途中、お父さんの仕事場に連れて行ってもらいました。趣味で狩りをするらしく、捕まえた魚や色々な鳥を見せてもらいました。鴨や鳩、アヒルなど色々あり、どれも綺麗に保存されていました。

 

こちらに来てから、いくつか家を訪問しましたか、皆ギリシャ民族音楽をかけて、ギリシャのお酒OUZOやギリシャのワイン、ギリシャのチョコレート、スフラーキ、海…など、とにかく自国のものを愛している感じがしました。

前に別の友達が、ギリシャに一度来たら、ギリシャが一番だって感じると思うよー!と言っていましたが、昨日今日で出会った人達は自分達の生活が気に入っている様に見えました。

 

 

私も機会があったら、夏のギリシャも見てみたいです!