ブルガリア留学記

2016〜2017年のブルガリア留学体験記

我が家が一番…?

コンサートの後、深夜バスで帰ってきました。

ギリシャも楽しかったのですが、ブルガリアに入るとなんだか落ち着きます。目に入る文字が見慣れているからかもしれません。あとは英語かブルガリア語が必ず通じる安心感と、何となく見馴れた風景だからかもしれません。

ブルガスに着いた時点でもう半分くらい帰ってきた気分でしたが、やはりプロブディフ、寮の中はすごく落ち着きます。明け方でも暑くて快適とは言い難いですが、それでもやっぱり我が家が一番…?

 

昨日はコンサートの内容だけで沢山でしたが、もう1つ、大切な思い出ができたので書いておきます。

昨日はたくさんの人にお世話になりました。

アンサンブルストランジャのダンサーで、同じ学校に通っている友達が昨日のコンサートに誘ってくれましたが、チケットの手配、そして知り合いに声をかけてСвиленградからБургасまで車で連れて言ってくれました。コンサートが終わってからは、隣に座っていた人達(彼女たちも、同じ友達からチケットを購入し、私のことも聞いていた様です)が食事に誘って下さり、その後深夜バスの乗り場まで案内し、夜遅いからと一緒にバスを待ってくれました。

バスを降りると、いつも利用しているавтогара югではなく見知らぬバス停автогара северでした。

まだ外は真っ暗なので、タクシーを呼びたかったのですが、充電は1%…。同じくバスから降りてきた家族に、タクシーを呼んでもらえるか頼んだら、彼らの分と一緒に私のタクシーも呼んでくれました。

色々な人に頼りっぱなしの1日で、謝罪と感謝の気持ちで一杯です。

今までの自分に同じことができるかと言われたら、きっと出来なかったと思います。これからはできるかしら…?

素敵な人達に出会えて、さらにここが好きになった1日でした。 

それから、今回の反省。今回は綱渡りの様な旅だったので、次からはもう自分で手に負える範囲で行動しようと思います。

 

昨日の大移動で疲れたので、今日は1日休憩です。

もうすぐ隣の寮に引っ越さなければならないので、明日からはその準備に取り掛かります。

合同コンサート

f:id:octopus99:20170708210028j:image

ギリシャから、半日かけてブルガスのコンサート「фолклорна импресия」を観に行ってきました。今回のコンサートは、ensemble trakiaとensemble strandjaの合同コンサートです。2時間を超える長舞台でしたが、始終興奮しっぱなしでした!

アンサンブルストランジャのコンサートは初めて観ましたが、良いアンサンブルでした。

ダンサーについては、少し人によってレベルに差があるかなという気がしましたが、全体として観ると歌も演奏も踊りもどれも素敵でした!

 

アンサンブルトラキアは、前回のコンサート(фолклорни легенди 05.06.2017)といくつか同じ踊りがありましたが、ピリンの踊り(пирински пролетни игри)は今回の方がずっと良かったです。二番目の男性がぐらついていませんでした。それから、前回は音響のせいかデニンカの音楽が今にも消えそう、止まりそう…だったのが、今回は女声の掛け合いがすごく素敵に聞こえました。

それから、女性が歌う時、膝で上下に揺れながら横を向くのがすごく可愛くて大好きです。

 

1番素敵だったのは、最後のステージ、アンサンブルトラキアで定番のПразничен Тракийски Танцです。2つのアンサンブルが合同で踊っていて、舞台が埋め尽くされて、тракийска ръченицаでは全体が大きな波になって動いているようで、すごい迫力でした。

いつも踊っているトラキアはもちろん、ストランジャのダンサーも一体となり、1つの大きなアンサンブルのようでした。

 

コンサート後はすぐにバスで帰ってしまいましたが、長旅してここまで観にきて、本当に良かったです!

  

f:id:octopus99:20170708210001j:image

 

最後に、コンサート前に少しだけ海辺を散歩してきました。風が気持ちよく、落ち着いた素敵な場所でした。

f:id:octopus99:20170708210104j:image

深夜のお墓詣り

今日は友達のいとこ、従兄弟の子供たちと海へ行ってきました。今日の地面は岩が多くて歩きづらいと思っていたら突然の激痛!

足が切れたのかと思いましたが、何か岩を踏んづけたようです。泳いでいる時にはそれ程痛くなく、違和感もほとんど無かったので放置していましたが、足の砂を落としても黒いものがプツプツと足の裏に残っています。歩くと痛い…

友達のお父さん曰く、これはウニみたいなトゲトゲした生き物だそうです。

自分ではよく見えない踵の外側辺りだったので、お父さんに後で針で抉り出して貰いました。申し訳ないです。

 

さて、今日の締めはお墓詣りです。

2人の友達に連れられ、友達のお母さんのお墓詣りに行ってきました。


正教では、死者を燃やさないため(死者は復活すると考えられているため)、お墓の前にそのまま埋めるそうです。立て続けに親族が死んだ場合、埋めて間もない死体は腐りかけの状態なので、一度出して2人とも埋めなおして…と言う行程が加わります。想像すると少し怖いです。
お墓にはガラス扉付きの棚があり、そこに手紙や写真、亡くなった人の好きだったもの、そしてろうそくが灯されています。
墓地の入り口には水道があり、手を洗ってから外に出ます。手を洗う事で、そこについてきた霊を落として、お墓の外に出てしまうのを防ぐ為だそうです。
日本で、お葬式の後に清め塩を使うのと似ているのかもしれません。

 

墓地は静かで穏やかで、聞こえるのはコウモリの鳴き声と私達の話し声。そして満月も近く大きな月。
ところどころロウソクの火が灯されていて、その揺らめきが良い味を出しています。友達がひとりどこかへ行ってしまい、2人でお母さんのお墓詣りの続きをしていると、深夜にもかかわらず突然の電話。何か出てきそうです。
最初は私が一番怖がっていたかもしれませんが、何かの拍子に私が笑ったら、アジアの人の聞きなれない笑い声が一番怖いって…失礼な!!

日本では丑三つ時に色々と禍々しいものがやってくるイメージですが、ギリシャでは0時と3時にそれが起こると考えられているそうです。お墓を出て時計を見ると、3時過ぎ。振り返ったら何かお墓から出て来ていたりして…!?と恐る恐る見てみましたが、何も見えませんでした。少し残念(?)です。

 

お墓参りの後は、深夜から早朝のみ空いているパイのお店で、Bougatsa (μπουγάτσα) を買いました。そんな時間に誰が…と思ってしまいますが、列はできないものの同年代くらいの人達が常に買いに来ていました。いつ寝ているんでしょう。昼間?

ギリシャではスヴラキ(焼き鳥、焼き豚)のお店以外にも、このブガッツァというパイを売っているお店をよく見かけます。ブガッツァは中にクリームが入って、粉砂糖とシナモンがかかったパイですが、そのほかにもほうれん草、フェタ、カシュカヴァルなど色々と挟まっているパイを見かけます。ブルガリアのバニツァのような感じで、ギリシャでの朝ごはんによく食べられているようです。

朝ごはんにパイはやっぱり重いですが、甘いブガッツァはコーヒーによく合いそうです!

アレクサンドロポリス5日目(プロブディフでの出来事と考察)

アレクサンドロポリスにいて嬉しいのは、だれも話しかけてこないことです。常に何人かの友達と一緒にいるからかもしれませんが…。新しい友人と会っても、普通に自己紹介だけされて、さらっと流されているというような感じです。こちらに来たばかりの頃だったら寂しさを感じたのかもしれませんが、今はむしろすっきりします。

 

…というのも…

 

半年以上プロブディフに住んでいても、周りの人からは外国人、観光客、エイリアン、アジア人…でしかないんだなって感じます。1人で歩いていると、時々「hello」って話しかけられます。その挨拶に悪意は感じませんが、私としてはただプロブディフで暮らしているだけのつもりなのに…と思ってしまいます。それに英語は少しは話せるけれど、私の母国語ではありません。「ニーハオ、こんにちは、アンニョンハセヨ」と通じるか次々試されるのも、もう放っておいて…って言いたくなります。

 

また、結構前に、踊りの授業の後、アコーディオン奏者の人から、顔を見なかったら日本人って分からない、素晴らしい!と言われました。その時の様子から、純粋に褒めてくれているのは伝わってきましたが、同時に捻くれた捉え方をしてしまいました。踊りはブルガリアの人のように踊れるようになったところで、所詮お前は日本人顔、「日本人なのに」ブルガリアの踊りを踊れるなんてすごい。というような…。自分の努力ではどうしようもないところで彼らとの差を突きつけられたようで、悔しくもあります。

 

また別の日、友達の振り付けの試験で踊っていました。試験が終わった瞬間、とある友達が私の名前を呼び、ブラボーって叫んだ時は、これは私の試験じゃない!!って頭を抱えたくなりました。同時に、他にもっと上手い人だっていたのに、「日本人にしては、日本人なのに」上手い!って差を突きつけられた様に感じてしまい、彼女とは半年以上一緒にいたのにまだそれを言うのか…とこっそりしょんぼりしてしまいました。

 

人種が違うのは仕方がないけれど、変に特別視しないで欲しいなって思います。「日本人」がブルガリアの踊りが好きなわけではなく、私がブルガリアの踊り、ブルガリアが好きなんです。大好きなんです…。

 

p.s.今日は4人で海で泳ぎました。4人いると出来ることが増えて楽しいです!日に日に焦げていくお肌。

アレクサンドロポリス4日目

今日は少し二日酔いで、夕方から活動していました。

なんだかこんなに毎日だらだらしてしまっていることにどこか罪悪感を感じ始めていますが、7月後半からはまた色々とすることがあるので、今を楽しもうと思います。

 

夜、プロブディフで知り合った友達が今アレクサンドロポリスにいるというので、会ってきました。彼は今兵役で軍隊にいます。9ヶ月間の兵役の内、今は6ヶ月目だそうです。毎日何をしてるのかと聞いたら、掃除とカフェで仕事、らしいです。別の友達は、兵役で掃除を覚えた!と言っていました(笑)

もし隣国と紛争が起きた時のためだそうです。少なくとも戦争はなく平和…と言えるのかもしれませんが、なんだかふになふにゃした兵役だなあと拍子抜けしてしまいました。

訓練で筋肉がついたか聞いたら、お腹の前に膨らみができたよ!と言っていました。たしかに、柔らかい膨らみがみえました(笑)訓練は最初の数週間だけだったそうです。筋肉見たかった…!

他の友達も今後兵役に行かなければならないそうですが、何事もなく終わって欲しいです。

アレクサンドロポリス3日目

今日は友達とお父さんが、別荘?(second house?)に連れて行ってくれました。

そこもまた海が近くにあり、今回は地面の岩が少なく、もっと歩きやすかったです。

午後3時から5時くらいまでいましたが、昨日とは比べ物にならないくらい焼けました。水着の跡が白く残り、シマウマみたいです。

今日はヒトデも見つけました。手の上でうねうね動いて可愛いです。あと、全身から腕(繊毛?足?)が生えているのですが、ひっくり返すとそれが地面側に動いて、どちらを上にしても移動できる様な仕組みになっていました。面白い!

 

この辺りを歩いているとどこにでもオリーブが生えています。オリーブ以外にも、バジル、オレガノ…など、それぞれの家で育てて食べているところが多いそうです。またオリーブオイルの味にも結構こだわっていました。オリーブ愛がすごい…!

オレガノは日本ではあまり馴染みがありませんでしたが、ギリシャでは、サラダやご飯、パスタなどによくかけて食べています。香りが強くて美味しい!

アレクサンドロポリス2日目

2日前に授業が終わって、もう今日から突然だらだら休暇モードです。

昼近くまで寝て、さらに昨日の寝不足から昼寝までしてしまいました。

お昼ご飯は出前でスヴラキ。とんでもない怠け者です。

ギリシャは出前が充実していて、efoodというサイトから色々なものを注文できます。そして配達料もかからない!怠けるには最高すぎます…!

さて、スヴラキは焼き鳥の様なもので、ケバブと少し似ています。(友達は全っ然違う!!!!といっていますが、似ています。ケバブの肉を焼き鳥に変えた様な食べ物です)

 

そしてスイカ(9kg)を丸ごと買い、友達と友達のお父さんと3人で食べました。友達は赤い部分よりも白と緑の皮ばかり食べるので、全然減りません。それにしても、どこの市場を見ても、すいかがゴロゴロゴロゴロ沢山積まれていて楽しいです。

 

そして、夜7時頃から泳ぎに行って来ました。今日は夜になっても暑く、泳ぐには最適な気温でした。泳いだり、海の中の生物と戯れたりと、2年ぶりの海を満喫しています。この辺りにはヤドカリみたいなのが沢山いて面白いです。

そして砂浜からはサモトラキ島がみえます。フェリーで2時間半くらいで行けるそうです!行って見たい!

f:id:octopus99:20170707204019j:image

 

日没も近い時間帯でしたが、それでもすでに日焼けの跡が分かります。ブルガリアに帰る頃には真っ黒焦げになりそうです😨