ブルガリア留学記

2016〜2017年のブルガリア留学体験記

これは桃?

季節の変化に合わせて、市場の品物が変わっていきます。

今はトマトとズッキーニとキュウリが最高です!

 

果物の方は、少し前にイチゴ、今はさくらんぼ、ラズベリー、ネクタリンが美味しい時期です。

そしてあまり日本で見かけない果物がいくつか…

平べったい桃、ミニサイズのぶどう、さくらんぼっぽい緑の何か…などなど。

少しずつ試していこうと思います!

 

f:id:octopus99:20170626041743j:imagef:id:octopus99:20170626041749j:image

 

それはそうと、寮の最上階はとても暑いです。風がないので、夜になっても昼間の熱が抜けていない感じがします。でも天気予報を見たら想像以上の暑さです。 41度…!?

f:id:octopus99:20170626041902p:image

先日ルームメイトが帰省してしまい、冷蔵庫が使えなくなってしまいました。買ったものはすぐに食べないと全て腐ってしまいそうです。ついでに自分も暑さで腐ってしまいそうですが、熱中症にならないよう気をつけます。日差しも強く、気を抜くと海に行っていないのに真っ黒になりかねません。

 

街中ではアイスを片手に持った人をたくさん見かけます。私もときどき仲間入りです。お気に入りのジェラート屋さんも見つけ、週1,2で通ってしまいそうです😋

卒業コンサート

今日、ピアニストでアニメオタク?のマクスマ君の卒業コンサートがありました。そこで私もまさかの共演をさせてもらいました。

事の発端は「5日前」。街を歩いていたら偶然彼に会い、「コンサートでジブリの曲を歌ってほしい」って…え?

彼の友達で、ジブリの曲が大好きなブルガリア在住の日本人、は私しかいませんが、彼の他の友達…音楽を専攻している人の前で歌うなんて狂気の沙汰にも思えました。とはいえ、彼の伴奏で歌うのはとても楽しいし(どの曲を歌っても即興で伴奏してくれて、テンポの揺れ具合も、盛り上がるところも合って、いつもより上手くなった気分になります)、ホールで歌える機会なんてもう一生ないでしょうし、彼のやろうとしていることが面白そうで(クラシックピアノ専攻の卒業コンサートで、ブルガリアで、日本語で、ジブリの曲を演奏するなんて、一体どんな神経しているんだ…!素晴らしい!😆)ぜひその試みに加担したいと思い、何より歌が好きなので、一緒に演奏させてもらうことにしました。

 

早速その日の夜から練習を開始です。声が小さく、たくさん練習しようにも、すぐに声が出なくなるし、グランドピアノで勢いも音量もある伴奏と比べてどうしても音量が足りず、音量をあげようとすると音程が外れて…と1つ変えようとすると新たな課題が湧き上がってきて不安しかありませんでしたが、彼のピアノの先生にもアドバイスと励ましをもらい、私よりもずっと沢山やることがあり責任もありいっぱいいっぱいのはずの友達からも励まされ(飛び込みで共演した私のことを悪くいう人なんていないから大丈夫!って励まし…?)、なんとか迎えた本番。

最終的には聴いている人よりも自分が一番楽しんでいたのではないかなと思います。

舞台の上から見た限りですが、聴いている人にとっても、いい意味でサプライズになっていたように見えました。

 

彼は音楽の教師になりたいと言っていましたが、教師として、音楽家としてどうなるか、楽しみです!

 

コンサートの後は、聞きにきていた彼の友達と、食事に行きました。

その後、もうコンサートに向けて練習しなくてねいい〜!やった〜!と喜びながら、ピアノの前に座って弾き始めた時は、全力でピアノが好きなんだなあ…と笑ってしまいました。

 

そんなこんなで土豪の5日間が終わり、ホッとしたような、どちらかというと残念なような気分です。

今日はおもいっきり休みます!

капана феста『カパナ祭り』

6/2〜4はプロブディフの中心部でカパナフェスタがありました。

 

今週は授業が充実していて帰って休みたい気持ちに負けそうだでしたが、せっかくの機会、友達と行ってきました。

 

屋台がたくさん並んでいて、ブルガリアの屋台料理が見られる…!?と期待しましたが、屋台で提供されている飲食物の殆どがアルコールでした。残念!

そのほかは、少し高級なチョコレート、手作りの焼き菓子、タバスコ風の辛いソース、変な植物を使った雑貨、有機栗など様々でした。試食、試飲が充実していて、タバスコを辛さLevel1〜maxまで試食したり、コーヒーとワインを混ぜた飲み物を飲んだり変なものを試してきました。辛さmaxを食べた後は、しばらく舌が痛くて困りました。コーヒーとワインは、面白い組み合わせでしたが、混ぜる必要はない…とその時は思いましたが、しばらくするとまた飲みたい様な気がしてきて、私のツボにはまってしまったのかもしれません。

 

お祭りを回っていると、会場の外れの方に人だかりと馴染みのある音楽が聞こえてきました。行ってみると、ガイダとタパンを演奏している人、そして真ん中には二人組がтракийска ръченицаを踊っていました。いいなぁ〜と思いつつ、中で踊っているのは二人組だし人多いし…と尻込みしていたら、友達から大丈夫大丈夫、行っておいで!と言われ、考えるのをやめて踊りに入ってきました。2人も即興で踊っていたようで、気づいたら私も入って3人で踊っていました。お互い自由に踊って、見せ合って…と楽しいひと時でした。

アンサンブルできっちり踊るのとも、ホロでみんなで繋がって踊るのとも一味違った雰囲気を味わえて、ほくほくと幸せな気持ちになりました。

 

最後に、バーに入ったら、変な文言を見つけました。

地下鉄に横たわります。

酔っ払いのことでしょうか。

一番下は、おそらくウクライナ語で、Struggle and you will overcome!

の様な意味みたいです。こちらは格好いいのに、地下鉄に横たわる…ってどこからそんな言葉を思いついてしまったのか、不思議です。

f:id:octopus99:20170617050419j:image

разходка из стария град в Пловдив

毎月第1木曜日、学生はプロブディフ旧市街の博物館に無料で入れます!

 

今日は6月の第1木曜日という事で、ブルガリア語の先生とクラスメートで旧市街の博物館、名所を散策しました。

以前訪れたことのある場所が殆どでしたが、ブルガリア語を学んで、歴史もほんの少しだけ学んでから来て見ると、新しい発見もありました。

解説が少し読めるようになったのも嬉しかったです。

ロドピ地方の衣装が飾られているのかな…とぼんやり思っていたのが、実は革命の時の兵士の服だったと分かったり、

上を見ると天井の飾りが1つ1つ違っていたり、時代によって緑色が使われていなかったり…(トルコに支配されていた時代、トルコのサインのインクが緑色だった為、絵には緑を使わず、青色で植物が描かれていたそうです)と、ぼんやり見ているだけでは見落としてしまいそうな事を先生から教えてもらえて面白かったです。

18〜19世紀の薬局(музейна аптека "хипократ")にも入りました。今は薬局ではなく博物館ですが、当日使われていた薬瓶や、測り、調合に使う何か等がずらっと並んでいて素敵でした!引き出しも沢山あり、開けることは出来ませんが見ているだけでワクワクしました。

 

「Barabanovの家」では室内楽を楽しめるステージと広間がありました。今もコンサートが時々開催されるそうです。行ってみたい!

годишен концерт на катедра "хореография"

今日は振り付け専攻の生徒にとって一年の総まとめとなるコンサートがありました。

4年生のシルヴァナが私にもсамодива(妖精)の役をくれたので、僅かながらコンサートに参加できて嬉しかったです。練習の度に振り付けが変わり、先生は何だか常に怒鳴っていて(といっても常に怒っているわけではなさそうでしたが…)なかなか大変でしたが、ブルガリア語、踊り、振り付け等学ぶ良い機会でした。何より大好きな女性ダンサー、スィスィが主役を踊っていて、間近で見られたのが嬉しかったです。彼女に演技で冷たい目で見られた時はゾクッとしました(笑)

 

それから、当日はメイクも間近で見られて面白かったです。最初見様見真似でやって見ましたが、足りない、もっともっと!と言われて上から真っ黒黒に塗りつぶされました。

近くで見るとあまりにも濃くて、綺麗…?とは正直思えないのですが、遠くからでもくっきり見えるメイクでした。面白い!

 

ブルガリア語の先生が見に来てくれて、バラの花をくれました。

さて、帰る時に濃いメイクのままでバラの花を持って歩いていたら、突然女の人が話しかけて来て、何か特別な日なのか…というような事を聞かれました。持っていた豪華な花束をもらい、よく分からないままハグされ幸運を祈られて帰りました。彼女は花がいらなかったのでしょうか、それとも幸せのおすそ分け…?

不思議な1日の終わりでした。

テキストがすべて終わりました!

タイトルの通り、ブルガリア語のテキスト、30章まですべて終わりました!これで文法は全部習ったはず…ですが、まだまだ話せません。ここからは練習です!あとは単語を地道に覚えていきます。

 

さて、毎朝授業の始めに、先生と話をします。月曜日なら週末何をしたか、それ以外の日は昨日何があったか、についてです。今日はкърджалиとмомчилградの事も話しました。ちょっと違和感を感じたのが、жанаのお母さんの料理について聞かれた時です。дроп сармаを食べた、と言ったら、そういうの日本でも食べる?と聞かれました。食べない、と言ったら、「何で?お米があるのに!?」と聞かれましたが、お米があったら皆同じ食べ方するのか…?と少し疑問に思いました。それって小麦を食べる人達に、何故あなたの地域ではうどんを食べないのって聞くようなものではないかな…と思います。そんなこと聞かれても困ります。多分その時はそんなに考えて聞いたわけではないと思いますが、時々こういう違和感を感じます。

これもまた良い勉強です。

 

 

 

今日もまた午後の授業はありませんでした。最近いつもないなあ…。

そろそろ限界。

 

момчилград(ロドピ3日目)

今日はмомчилградのすぐ近くのчешма(噴水)まで歩いて行きました。里山の様な雰囲気の山で、静かで、森のすぐそばにお墓があったり、ハーブが生えていたり…と人と野生が混ざった不思議な空間でした。山の上のчешмаでは、たくさんのボトルに水を入れて家に持ち帰る人が何人かいました。私も少し飲んでみましたが、とても美味しかったです。あまり水だけを飲むのは好きでない為、いつもお茶やコーヒーにして飲んでいますが、ここの水ならそれだけでも美味しい!!空気も水も美味しい素敵なところでした。

 

その後山の上の小さな教会、ホテルなどを散策してきました。どの方角を見ても山、山、山。でした。麓にмомчилградが見えましたが、屋根の赤と緑が綺麗でした。曇りでなければ、空の青と屋根の赤、森の緑がとても綺麗だったはず…!と思うと、少し残念です。

f:id:octopus99:20170505050958j:image

 

降りてくる途中、2 лева札をжанаが発見し、そのお金で帰りにトウモロコシを買いました。一番小さいサイズが1 левでした。

プロブディフでも良く見かけるトウモロコシ屋さん、いつもスルーしていましたが、食べて見たら美味しい!

味付けには20種類くらいのスパイスやチーズ、ソースを選ぶことができます。

パルメザンチーズと、подправка(スパイス)、胡椒をかけてもらいましたが、コーンの甘さが引き出て美味しかったです。

Жанаの方は、何やら沢山かけてもらっていました。ブルーチズソース、パルメザンチーズ、подправка、バター、マスタード、その他色々…。複雑な味がしそうです。

食べている途中にトウモロコシを一粒落としてしまいましたが、拾うか迷っていたらハトが食べてくれました!ありがとう〜。それを見たжанаは次々と(多分全部で20粒くらい)落としていましたが、全部一匹で食べていました。

それを見ながらのんびり食べる時間は何だかとても幸せでした。

f:id:octopus99:20170505050923j:image

 

さて、トウモロコシを食べたばかりですが、家に帰ったらжанаのお母さんがдроп сармаを作って下さっていました。内容はお米とスペアミントと何かお肉が入っていて、美味しかったです!

 

バスで帰りながら、人があまりいなかったので、折角だから踊っておけばよかった…!と後悔しましたが、後の祭りです。中央ロドピに行った時は遂行しようと思います。