読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルガリア留学記

2016〜2017年のブルガリア留学体験記

ギリシャ3日目

今日は起きた後、お父さんが昨日と同じ別荘(?)に連れて行ってくれました。そこにはバーベキューをできる場所があり、魚やトウモロコシを焼いて食べました。それ以外にもタコやサラダも用意して下さり、とても素敵なお昼でした。

魚とタコの食べ方は、レモンとオリーブオイルと塩を混ぜたものをかけて食べるとてもシンプルな味付けで、美味しかったです。サラダも同様に味付けされていましたが、オレガノをかけても美味しかったです。ドレッシングに使ったレモンの皮は、魚を食べた後の手に乗せて擦り生臭さを取り除くのに使いました。魚の骨や頭部分は近くに居た猫に食べてもらい、古くて美味しくなかったトウモロコシは、隣の庭にいるニワトリに食べてもらいました。全て余すところなく使って素敵だなあ〜と思いました。

今回もお皿に山盛りで、次々に魚が出てきて焦りました。残すのは悪い…と思ってしまいますが、ギリシャでは残ったら全部タッパー等に入れて全て持ち帰り、無駄にすることはありません。素敵です!

夜は家にまくすま君の友達がたくさん訪ねてきました。一人は教会で神父をしているらしく、そのままの格好でやってきました。1日中神父の格好をしていなければならないそうですが、夏は暑そうです。

それから宗教の話、ギリシャの歴史、色々な国の言語、何故か世界中の国歌について…等色々話しました。

YouTubeで国歌を聞いていましたが、行進曲の様な、テンポの良い国歌が多い気がしました。日本の国歌を聴いて、平和そうな曲、との感想も頂きました。確かにゆったりとして良い曲かもしれません。

国の雰囲気が国歌にも反映されていて面白いです!

 

明日は朝のバスで帰りますが、3日間、幸せなギリシャライフでした!

 

f:id:octopus99:20170424164758j:image

ギリシャ2日目(ギリシャよりグルメレポート)

今朝、というよりもお昼頃に起きてから、友達と友達のお父さんが、親戚の集まりに連れていってくれました。

ここでも赤く塗った卵をぶつけ合いました。卵をぶつけて最後まで割れなかった人に幸運が来るそうですが、色々な人とやって勝ったり負けたりしているので、結局どんな運勢になるのか分かりません…。

そのあとコーヒーフラッペを頂きました。フラッペというと冷たくてザクザクと氷の食感を楽しむ物というイメージがありましたが、ギリシャのコーヒーフラッペは、インスタントコーヒーを泡立てた飲み物で、泡の層と液体の層があります。昨日の泡は酸味と苦みが凄まじく飲めませんでしたが、今日のフラッペは泡まで美味しかったです!ギリシャ以外ではなかなか見かけないのが残念です。喉が渇いていたのと美味しいのとであっという間に飲み干してしまいましたが、ギリシャの人はカフェでコーヒーを頼んだら、その一杯で3〜4時間くらい話していることも多いそうで、あっという間に飲み干したことに驚かれました。私もそれを聞いて驚きました!日本でやったらカフェの店員さんに睨まれそうですが、ギリシャではカフェで長時間過ごすのはよくあることだそうです。確かに、昨日バスの中から眺めていただけでも、確かにカフェのテラスに座り、コーヒーを飲みながら談笑している人達をたくさん見かけました。休暇中というのもあるようですが、のんびりしていて素敵な風景でした😊

 

昨日は肉や乳製品を食べなかった分(友達も私も普通に食べましたが、正教の場合はイースター前の数日間、動物性食品は食べないそうです)、今日はラム肉を始め、スフラーキ(焼き鳥)や割った後のゆで卵を始め、とにかく食べます。とにかく机いっぱいで、すごい量でした。そして次々と食べ物や飲み物を勧めてくれました。胃が破裂しそう!

ここでもチュレキを頂きましたが、しっとりしていて美味しかったです。ヌテラ(チョコレートスプレッド)を塗って食べるという画期的な食べ方を習いました。既に満腹でふた口程しか食べられませんでしたが、食後でなければパンを丸ごと食べられそうです。

f:id:octopus99:20170418204050j:image

 

3時間くらいかけてゆっくり食べた後、今度はまくすま君とお父さんの3人で、彼らの別荘の様な場所へ連れて行ってもらいました。

木にぶら下がったブランコや、小さなお家、色々な種類の植物(オリーブ、ヘーゼルナッツ、杏、桜、無花果、ディル、オレガノローズマリー…)が生えていて、小説や映画の中に出て来そうな、素敵な場所でした。こんな所で夏を過ごせたらとても良い気分転換になりそうです。

木のラケットでテニスやバドミントンをしたり、木に登ったり、木に生えた蔦を取り除いたり…と、どれも楽しかったです。蔦は木の栄養を奪ってしまうので取り除かなければならないのですが、一旦始めると、木から蔦が剥がれる瞬間が気持ちよくて、Oh…it's addicting!! yabaii~~と言いながらずっと取っていました。

それから、隣に住む人にも呼んでもらい、そこでもコーヒーフラッペと、チュレキを頂き、また赤い卵を割りました。こちらのチュレキはチョコレートを少し混ぜてあり、それも美味しかったです。

チョコレートを入れたりあとからかけたり、アーモンドやゴマを乗せたりと、家によって色々あるそうです。どれも美味しい!

 

家に帰る途中、お父さんの仕事場に連れて行ってもらいました。趣味で狩りをするらしく、捕まえた魚や色々な鳥を見せてもらいました。鴨や鳩、アヒルなど色々あり、どれも綺麗に保存されていました。

 

こちらに来てから、いくつか家を訪問しましたか、皆ギリシャ民族音楽をかけて、ギリシャのお酒OUZOやギリシャのワイン、ギリシャのチョコレート、スフラーキ、海…など、とにかく自国のものを愛している感じがしました。

前に別の友達が、ギリシャに一度来たら、ギリシャが一番だって感じると思うよー!と言っていましたが、昨日今日で出会った人達は自分達の生活が気に入っている様に見えました。

 

 

私も機会があったら、夏のギリシャも見てみたいです!

 

ギリシャのイースター前日

ひょんな事から、ギリシャのアレクサンドロポリス行くことになりました。

昨日の夜ソフィアからプロブディフに戻り、今朝8時のバスでギリシャに行きました。

日本からはいつも飛行機で国外に行くので、バスで国境を越えるのは初めての経験です!

国境付近でバスから降ろされ、出国審査があります。その後しばらく行くと今度は入国審査があります。パスポートに押されたスタンプが飛行機ではなく車の絵で、少しテンションが上がりました。私はパスポートですが、他の人は皆マイナンバーカードのようなものでより簡単に通行許可を得ていました。これがEU…!

 

アレクサンドロポリスに着くと、友達が駅まで迎えに来てくれました。

まくすま君の彼女や高校からの友達と一緒にコーヒーフラッペを飲み(ブラックで注文したらとても驚かれました。砂糖やミルクを入れるのが普通だそうです)つつ自己紹介やら何やらを話しました。級友の集まりの中に、友達の友達でしか無い私を自然に受け入れてくれて、嬉しかったです。

その後お昼ご飯にギリシャのサンドイッチのようなものを食べ、alexandropolisの街を案内してもらいました。

街は海に面していて、港も砂浜もあります。テトラポットに登ったり、海のすぐ近くにある小さな教会に入ったり、street dogsと戯れたり…と素敵な午後でした。夏は海水浴にくる人が沢山いるそうですが、今日は人も少なく、波も穏やかで平和な街でした。最後に街一番のアイスクリーム屋さんにも連れて行ってもらい、イースターのパン、チュレキ風味のアイスを食べました。そのままチュレキが入っていて、まさに「チュレキアイス」でした。

キリスト教信者の場合、今日はミルクや肉を食べないそうです。おかげでアイスクリーム屋さんは空いていて良かった〜!と友達が言っていました(笑)

 

f:id:octopus99:20170418204107j:image

 

帰り道に、スイーツ屋さんの前を通りましたが、そこでオススメのボール一杯に入ったチョコレートケーキの様なものを教えてもらいました。今日の夜は人が沢山集まると聞いていたので、1つ買ってみることにしました。

 

23時半頃に、近所の友達がたずねてきて、4人で教会に行きました。教会の近くでは巨大なろうそくが売られており、一家に一本ずつ買います。そして0時になると、神父さんの元に聖火が降りてきて、それを人々に分け与える…と行った仕組みの様です。私もその火をもらい、持って帰りました。玄関の扉の上に蝋燭の火で十字架を描くのが習わしだそうです。

家に帰ると、赤く塗られたゆで卵を1人1つ手に取り、ぶつけ合って運試しの様なものをしました。卵の先同士をぶつけ、割れなかった方には残り一年幸運が訪れるそうです。また、赤い色は血を表し、卵を割ることには新しい命(実際は茹でられていてひよこは生まれない…)が誕生するという意味合いがあるそうです。

それから少し経つと、友達が続々と集まって来て、ちょっとしたパーティーになりました。友達はスフレを焼き、アルメニアギリシャのハーフの女の子はアルメニアのチョコレートケーキを焼いて来て、私は先程買ったケーキを取り出し、ある友達はお酒を持って来て…と深夜なのにとてもとても賑やかでした。

 

友達オススメのチョコレートケーキの中身は、ひたすらチョコレートムースでした。なんて罪深い食べ物なんだ…!

また行く機会があったら、買ってしまいそう…。

f:id:octopus99:20170418215829j:image

三年生の試験

今日はхореографскаの三年生の試験でした。月曜日に見た二年生の試験よりストーリーは抽象的でしたが、人数が増えて踊りとしての完成度がかなり高く見応えがありました。

3年生にトラキアアンサンブルのダンサーがいるのですが、彼女がおどっているとそればかり目で追ってしまいます…。回る時が特に美しいのと、ステップが力強いのと、背中の表情が美しいのと…。ついぼんやりと見惚れてしまいますが、しっかり観察しようと思います。それはそうと、いつも彼女ばかり見ていることにそろそろ気付かれてそうです。

 

試験が終わってから、友達が泊まっているまくすま君の家にお邪魔して来ました。昨日は友達1人だけが泊まりましたが、今日はオーストリアとブラジルの女の子2人もカウチサーフィンで泊まりに来ていました。

ブルガリアに来てから、細かいことは英語で話したりしていたので、英語の方も少しは上達したかな〜と思っていましたが、彼女達の英語は滑らか過ぎて全然聞き取れませんでした。うーん、悔しい。

 

日本からの友達とобработка на танци

Този следобед имах обработка на танци и студентите мислихме комбинаци на ширто хоро и денинка за двойка. Аз танцувах с Иван. Той знае много за пиринските танци, защото е от Петрич. Танцуване с него беше много приятно! Прекарах си страхотно!

 

今日、大学の友達がプロブディフに来てくれました!

授業が終わってから、アカデミーの4年生のまくすま君の家に行き、ご飯を食べたあと、2人が寮まで送ってくれました。夜は寮外生の立ち入りが禁止されている為、そこでお別れしようとしていましたが…丁度寮の友達が偶然ワインを持って出て来て、寮の前でワインを飲みつつ2時間ほど過ごしました。寮で知り合った友達を紹介出来たのも、一緒に5人で過ごせたのも、美味しいお酒(ブルーベリーのワインでした)を嗜むことが出来たことも、どれも素敵で幸せでした。

それから、寮の前で話している時に、Have you ever felt isolated?と聞かれて気づきましたが、ブルガリアに来てから今まで、孤立した気分になったことが一度もありません。とても素敵な人達に恵まれたなあ〜と、しみじみ感じた時間でした。

изпит на хореографска

Днес гледах изпит на хореографска композиция. Това беше много интересно! Всички студенти са мислили танци с история.

 

今日は2年生のхореографска композицияの試験を見てきました。面白い!素晴らしい!に尽きました。音楽はブルガリア民族音楽と、モダンにアレンジされたもの、効果音など色々組み合わさっていました。

それぞれの生徒がダンサーを選び、テーマに沿って振り付けをします。どれも面白かったので、今覚えている範囲で感想を書いておこうと思います。きっと後にはもっと忘れてしまう…。

一年生で参加していた女性は、背景役(木や水など)が多かったのですが、その時の手がとても滑らかで綺麗でした。

男性は熊や犬の役で登場していたのですが、とにかく最高!

 

1.惚れ薬?

赤ずきんを被った女の子が森を歩いていて、惚れ薬?を吸います。狼に遭遇し、狼が食べようとする…と思いきや、女の子が狼に惚れてしまって追いかけ回します。次におばあさんがきて、女の子が落とした惚れ薬を吸い、狼に惚れてしまいます。猟師がきて狼を狩ろうとしていたら、またそこで惚れ薬を吸って狼に惚れて抱きついて一緒に踊る…。最後は追いかけ回された狼が惚れ薬を粉砕して終わります。赤ずきんのステイシーが踊りは上手いし可愛いのになんとも気狂い染みていて素敵でした。

 

2.魚釣り

2人の男の人が魚を釣っていたところ、1人が飽きて寝てしまいました。もう1人は魚を釣り上げ、喜んでいたところ、もう1人が起きて、その魚を逃してしまいます。その後水の中から魚か水の精のような女性が出てきて踊ります。

彼女の踊りがとにかく美しくて、見惚れてしまいました。

 

3.浮気

女性が浮気し、浮気されていた2人の男性が女性を巡って争う…のですが、最後片方の男性がトドメをさす前に我に帰り、男性と和解したのち、最終的に両方の男性が浮気をした女性を拒絶して自業自得なお話。踊りは勿論ですが、浮気をする女性の色気と表情が素晴らしかったです!

また片方の男性は眉毛の印象的なトラキアアンサンブルの男性ですが、なんとも格好良かったです…。先生だと思って居たら、まだ3年生だった事にも驚きました(笑)

 

5.兎狩り

兎が狩りにやって来た男性、その仲間の犬を手玉にとるお話。最初に狩人に捕まる熊の役の生徒の「熊感」と、男の人たちの間抜けさが素敵でした…!

こんなストーリー、よく思いつくなぁ…と振り付けした人のセンスに脱帽です。

兎は先ほどの浮気女性役の人でしたが、雰囲気がガラッと変わり、こちらは悪戯っぽい表情とショプの踊りが似合っていました。

 

(もし私が作る機会があったら、桃太郎をモチーフに作ってみたい…!)

 

不思議な一日〜サマータイム

今日は少し不思議な日でした。

 

まず朝よく寝た気がするわけでもないのに、いつもよりきっかり1時間遅い時間に目が覚めました。

そして7時間時間の時差で計算すると腑に落ちない出来事がいくつかあったりとなんだかもやもやしていましたが、今日からサマータイムで1時間早まっていたようです。

 

周りの人達も、iPhoneも当たり前のようにサマータイムに変えていたので、夕方まで気づきませんでした!

サマータイムは4月1日から始まると勘違いしていたので、少し楽しみにしていたのですが、それと気付かず違和感のある1日を過ごして終わってしまいました。

アナログの腕時計と私だけが、置いていかれてしまったようです。

 

せっかくなので、日付が変わる瞬間のiPhoneを見ておきたかったです…!

 

今日は日曜日でお昼過ぎまで天気が良かったので、中心街まで行ってきました。帰ってきたら、寮の前で友達が、これから練習に行くの〜といいながらベンチに座ってビールを飲んでいました。私はビールは飲みませんでしたが、一緒に結局そのまま1時間くらい話し、彼女達は一向に練習に行く様子を見せずに解散しました。これもまた不思議な出来事。

それにしても、今は外で時間を過ごすのはとても心地が良いです!いい季節…!